TOEICリスニング満点のリアルな英語力

6月受験のTOEICでリスニングで満点をとった。


f:id:nyancoblog:20220630235112j:image

正直自分の体感する英語力からは意外な結果だった。現在カリフォルニアに住んでいるが、日常会話が普通に聞き取れないので。

 

当然ながら、TOEICのリスニングはかなりゆっくり、はっきり発音してくれている。また、省略やスラングは使われないし、part3以降に関してはかなり長く話してくれるため文脈からの推測も比較的容易になっている。周囲も静かであることが多く、音声に集中できる環境が整えられている。

 

ところが日常会話はだいたい短い文を突然投げかけられるわけである。当然ラフな言葉遣いであるし、周りは静かとは限らない。おしまいですよそんなの。

 

TOEICリスニング495点の今の自分のレベルを書いておく。

 

店員さんとの会話が怖すぎてセルフレジにわざわざ並ぶ。

スタバで何を言われているかわからずただひたすら頷いていたら謎のドリンクを提供される。

化粧品売り場で店員さんに突然話しかけられ愛想笑いをしていたら謎の高いパックが会計に入っていて泣く。

電話では会話ができないのでネット予約のある美容室を血眼になって探す。

ヨガのインストラクターの指示が全く聞き取れないので「目を閉じて…リラックスして…」が不可能である。目を閉じたらもうなんもわからん。リラックスも出来ん。

 

こんなものである。登場人物が店員さんしかいないのは英語を話す友人が1人もいないから。

英語力とはコミュ力であり、スコアはあまり関係ない。私にも強気に聞き返す積極性や、英語を話す友人を作ろうという気概があればおそらくこんな悲惨なことにはなっていない。私にはとにかく勇気がない。

 

今留学や駐在を控えている方はもしかしたらTOEICの点数をあげようと躍起になっているかもしれない。前述の通り、スコアはあまり関係ないのであくまでひとつの目安として捉えるのが良いと思う。

強気な態度でとにかく聞き取れるまで聞き返す、これができる人が結局いちばん強いのである。

 

それが出来ないので私は今日も通販とセルフレジにお世話になる。

アメリカでTOEICを受ける人間へ

夫の駐在にくっついてカリフォルニアに来て約半年。

職歴なしの無職26歳だしそろそろESLにでも入ってまともに英語できるようにならないと帰ったときの就活厳しそうだなと思いはじめ、地域センターのESL(夏季講習)を予約。

ESLに先立って、現時点の英語力を図るためにTOEICを受けることにした。

 

TOEICアメリカで受ける場合、若干勝手が違うところがあるため書いておく。今後受ける人がいれば見ておくとよいかもしれない。

 

TOEICの申し込みは日本と変わるところがなさそうなので割愛。写真のアップロードが必要なところは違いかもしれない。日本でも2018年?くらいに1回受けただけなので記憶が定かではないが。

受験申込確認メールが受験票になるので必ず印刷すること。現地で回収される。

アメリカではコンビニに印刷機はないので、家にプリンターがなければFedex Officeに行くとよい。現地に行って印刷機の前でメール送ればネットプリントができるのでUSBは不要。事前にメールして受付でファイルを受け取る形式にすると時間帯によっては並ぶ羽目になる。

 

当日。私の会場はSan Jose State UniversityのA010教室。

 

駐車場はたくさんあるが駐車料金の支払いが面倒になるためParkmobileアプリを事前にインストールしておくとよい。

Parkmobileで予約はしなくてよい。というか利便性の高い駐車場の予約ができない。

当日行く、停める、壁に貼ってある番号を入力、停める時間をいれてカードか何かで支払って終わり。アプリから簡単に延長もできるのでそんなに余裕を持った時間を入力する必要はない。

 

A010ってマジでどこだよと思ったが北東の門入ってすぐ。ホワイトボードにTOEIC受験者はこちら的な文面が書いてある。

入場は開始1時間前からとのことだがそもそも受付が30分前に来たのでまったく早めに来る必要はない。ただ並ぶだけで特に良いこともない。

 

入場は印刷したメールと写真付き本人確認書類を見せる。この際建物内に携帯電話を持ち込めないTOEIC公式ページには車かロッカーに置けと書いてあるがロッカーはない。

付き添いの人間に預けるか近くのバーに預けるかしろとのことだった。完全に一人で来たのでバーに預けた。バーの人は私を見るなり「スマホ??」といって預かってくれたので慣れているらしい。付箋に名前を書いてスマホに貼って預ける。

独りで来た場合は携帯電話は車に置いておくのが最適解だったらしい。(アメリカで車内にBluetooth機器を置くと車上荒らしに合う確率が上がるらしいので個人的にはお勧めしないが、大学等の駐車場ならまあ何とか大丈夫でしょう。)

 

受験者が少なすぎるため会場は小さな教室。とにかく机が狭い。問題用紙を完全に開いてしまうと机に収まらなくなる。そして空調がうるさい。音割れリスニング。なぜか正円のマークシート。受験環境の快適さは日本が圧勝していると思うが、支障というほどではないので耐えよう。

 

受験者数が少ないので受験後はさらっと帰ることができる。ここはアメリカ受験の良いところ。

 

アメリカ受験は結果が早く届くという話をたまに聞くが、受験後2週間経ってもまだ来ない。普通に1か月かかりそう。来たら追記する。